成分

シトルリンの効果・効能は?副作用や摂取量を解説します

シトルリンの効果・効能は?副作用や摂取量を解説します

様々なサプリメントに含まれる「シトルリン」。

スーパーアミノ酸と呼ばれるシトルリンは、運動パフォーマンスや性機能向上に期待できるといわれています。

男性にとって嬉しい効果ですが、摂取量や注意点は抑えておくべきです。

そこでこの記事では、シトルリンの効果・効能について解説します!

シトルリンとは?

シトルリンはアミノ酸の一種で、1930年に日本で発見されました。スイカから発見されたため、スイカの学名である「Citrullus lanatus(キトルッルスラナトゥス=ラテン語)」から命名されています。

多くのサプリメントにシトルリンが使われていることが非常に多く、筋トレサプリや増大サプリによく含まれています。

シトルリンの効果・効能は?

シトルリンを摂取することで得られる、効果・効能についてご説明します。

シトルリンの主な作用の1つに、血流促進があります。同時に血管を健やかに保つ作用もありますので、血管を若く綺麗な状態で保ちつつ、そこを流れる血の循環をスムーズにしてくれるのですね。

この血流促進作用が、ペニス増大には必要です。何故かというと、ペニスが大きくなるかどうかはペニスに送り込まれる血の量で決まるからです。

ペニスは、筋肉でも脂肪でもない海綿体と呼ばれるスポンジ状のもので出来ています。海綿体の中身は毛細血管の集まりで、ここに血を入れることで血管が膨らんで海綿体が膨張し、ペニスが大きく太く長くなります。

脳が性的興奮を受けた時、上記のように下半身に血が集まってペニスが大きく膨らみます。これが勃起です。

ですから、ペニスにどんどん血を送りこめば送りこむほど、海綿体は膨らんでいきその容量を広げていくのです。

ところが、血のめぐりは加齢と共に低下していくのが普通です。生活習慣の乱れや加齢により、血管自体が弱く細くなりますので、血流が悪くなってしまいます。

20代のころはペニスが勃起すればガチガチに硬く、セックスも何度か続けて行えたでしょう。しかし30代40代になってくると、中折れしてしまったり朝立ちがなくなってしまったりするのです。これは生活習慣や様々なストレスが原因で、全身の血流が悪くなっているからなのですね。

勿論、生活習慣の乱れを直し、ストレス状態を改善することも必要です。しかしそれだけでなく、血管そのものの状態を良くし、血を勢いよく流すことが大切なのです。

シトルリンは血管を健やかに保ち、体内で一酸化窒素を発生させ、血流を促進します。ですからペニス増大に効果があると言われるのです。

なお、シトルリンには他にも様々な効果・作用がありますが、有名なものに「運動能力の向上」「体の疲労回復」そして「生活習慣病の予防」があります。

シトルリンの摂取量はどのくらい?

そんな重要な成分であるシトルリンは、1日にどのくらいの量を摂取すべきなのでしょう。

厚生労働省によると、成人男性で1日800㎎の摂取が推奨されています。

増大サプリなどを選ぶ場合には、この基準で考えてくださいね。シトルリンが1日800㎎以上とれる商品がおすすめです。

しかし、何でもそうですが大量に摂取すればよいというものではありません。体にいいからといってそればかり食べても意味がないように、シトルリンも過剰摂取は避けるべきです。

たくさん摂ればそれだけペニスが大きくなるわけではありませんので、推奨摂取量を守るようにしましょう。

ちなみに増大サプリなどでは、他にも血流促進の効果がある成分が複数配合されています。特にアルギニンはシトルリンと一緒に摂ることで効果が倍増する成分ですので、シトルリンだけを大量にとる必要はありません。

シトルリンに副作用はあるか

シトルリンはその効果の強さから医薬品に指定されていました。しかし研究の結果安全性が高いと判断されたため、現在は医薬品成分ではありません。

これといった副作用はなく、過剰摂取してしまっても不要な分は尿となって排出されます。

ただし、誰にとっても安全なわけではありません。

不安に思う方は、摂取する前に医師の診察を受けてください。

シトルリンの摂取方法

では、シトルリンを摂取するには、どのような方法があるか見ていきましょう。

体内に取り込むためには、以下の2つの方法があります。

  • 食べ物から摂取
  • 増大サプリから摂取

具体的に説明していきます。

食べ物から摂取

シトルリンは食べ物から摂取できます。そもそも日本でスイカから発見された成分であり、ウリ科の植物には豊富に含まれています。

以下はシトルリンが豊富に含まれている食材です。

食べ物100gのシトルリン量800㎎摂取に必要な量
スイカ180㎎450g(1/7切れ)
メロン50㎎1400g(6.6個)
冬瓜18㎎4500g(3.8個)
ニンニク3.9mg20513g(290個)

これは一例ですが、案外食品に含まれるシトルリンの量は少ないのです。この中ではスイカを毎日1/7食べるのが、最も楽に感じますね。ニンニクにいたっては、何と290個食べないとシトルリン推奨摂取量の800㎎を摂取出来ません。

夏場であればともかく、スイカを毎日食べ続けることも大変です。夏野菜は体を冷やす効果がありますので、食べ過ぎの冷えからお腹を壊してしまうこともあるでしょう。

このように食物から必要量摂取することは大変ですので、あくまでもちょっと意識してウリ科の野菜を食べるようにする、という程度がいいと思われます。

ちなみにスイカでは、身でなくて皮の部分に多く含まれています。ですから食べる時には皮も捨てずに、漬物などにして是非食べるようにしましょう。

サプリから摂取

おすすめなのが、サプリから摂取する方法です。

増大サプリはペニスのサイズアップを目的として作られている商品ですから、ペニス増大に必須と言われるシトルリンはほぼ配合されています。

増大サプリの推奨摂取量を守っていれば、シトルリンの推奨摂取量も自動的に守れるという配合量の商品が多いので、これを利用しましょう。

例えば、以下に有名な増大サプリのシトルリン配合量を紹介します。

  • ヴォルスタービヨンドブラスト・・・1043㎎
  • ブラビオンS・・・3000㎎
  • ペニブーストプレミアム・・・2000㎎

上記のサプリメントにはアルギニンやマカ、トンカットアリといった有効成分も高配合されていますので、血流促進には高い効果が期待できます。

増大サプリをきちんと飲むことで、栄養面での不足はなくなりますね。

シトルリンのまとめ

シトルリンには、「血流促進」「血管を若返らせ健康に保つ」「生活習慣病の予防」といったような嬉しい効果があります。

シトルリンの成人男性の1日摂取量は800㎎ですが、食品から摂取するのは中々大変です。ですから、サプリメントを飲むことできちんと摂取していきましょう。

血管を綺麗にして血の流れを良くしてくれる効果が期待できます。